かじり好きな動物さんのためのワークショップ かじかじ大好き!
 トップページ>>店長に100以上の質問を目指すコーナー   

てんちょーに100以上(?)の質問を目指すコーナー(ときどき追加予定)

<質問募集中>てんちょーに質問がある方はこちらより投稿ください。お名前はHNでOKです。
※質問の採用・不採用はてんちょーが独断で決定します!特に採用・不採用についてご連絡いたしませんのであらかじめご了承ください。

その9
近所にどんな動物がいますか?

まず、外に出れば必ず散歩中のわんこに5〜6頭は逢います。
で、買い物のときに通る箕面川にはいつもサギやカメやカモたちがいます。

最近は数が減りましたが、冬の間ヒヨドリやムクドリが結構います。またつい最近メジロも何羽か見かけました。
で駐車場にはスズメたち。朝から元気です。ギャギャッと鳴きあいながら遊んでいます。
あと何の鳥がワカリマセンが、時折うちのベランダにお土産(何かいろんなタネの類)を残していくヤツがいるようです。

そうそう、最近店長的に注目の動物がおります。

それは近所のとあるお家にいる、ぶっさいくな(失礼!)ニャンコです。
失礼なこと書いていますがが、このニャンコ、顔に似合わず愛想がいいのです。

あるときはブロック塀の上、またあるときは屋根の上、そしてまたあるときはなぜか地面にチョコンと座っています。
ニャンコのすぐ目の前を人が通るのですが、怖がる様子もなく落ち着いた様子で人間どもを眺めているようです。

で、面白いのがこのニャンコ、こちらが挨拶すると必ず返してくれるんです!

こちらが 「ニャー」というと、すんごい面倒くさそうに短く「ニャ」。テキトーな態度で。 でも必ず返事が返ってきます!
しかも、寄ってきます。メンドクサソーに(笑)

挨拶は大事ですね。人間もこのニャンコ見習いましょう!

その8
最近のペットブーム
(特に犬)について
どう思いますか?

よくぞ聞いてくれました。

最近ペットブームというのはこういうことか!と実感する出来事がありました。
店長は散歩や買い物でよく歩き回るのですが、当然わんちゃんを散歩している人にたくさん遭遇します。
先日もおっきな犬を連れたおじさんと遭遇しました。おじさんが引っ張られそうなくらい大きな犬です。
で、なにやら遠くで小型犬と思われる鳴き声がしはじめたとたん、このおっきな犬がピタっと停まったんです。
そこでおじさんが「ほらこっちや、いくで」と引っ張るんですが、頑として動きません。
どうもおじさんが行こうとする方向が、鳴き声が聞こえてくる方向と同じだから嫌がっている様子。
そこで、このおっきな犬は勝手に横の細い路地に行こうとするんです。
このまま、まっすぐ進むと鳴き声の主と遭遇してしまうからなんでしょうが、こんなに図体でかいのにえらいビビリさんで見ているこっちがびっくりです。
で、おじさんは路地へ入っていこうとする犬に「そっちちゃうやろ、こっちや」と、自分の行きたいほうへ引っ張るのですが逆に、引きずられていってました・・・。つまりはペットブームっていうのはこういう現象が日本各地で起こっているということです!(あ、答えになっていない・・・)

その7
理想とする
ペットとの暮らし方は?

てんちょーは鳥が大好きなので、鳥さんがいつも周りにいる暮らしが憧れです。

うろ覚えですが、イギリスの首都ロンドンではペットとして鳥を飼う人がとっても少ないそうです。
理由は、ロンドンでは公園や自然が多くあって、市民は日ごろから野鳥を多く目にするからあえてペットとして鳥を選ぶケースが少ないとか。
これよろしいですなぁ。
てんちょーとしては、鳥さんにおうちに来てもらうのではなく、てんちょーが鳥さんのおうちにお招きされたいです!
また、お招きされるよう日々精進したいと思っております。(なんのこっちゃ)

その6
イチバンつらかった
思い出は?
数年前のオカメインコの死です。
小さい頃から犬や猫の死を多く見てきたけど、オカメインコのときは取り乱しました。
担当の獣医さんにも「もしかして、初めて動物を飼いはったの?」と聞かれるほどの取り乱しようでした。

犬や猫のときは、なんと言うか、人間の見ていないときや夜にひっそりとそのときを迎える・・・というケースが多かった気がします。 ※当時、犬も猫も完全な室内飼いではなかったことが要因と思います。

猫は事故で亡くした以外は、ふっとどこかにいなくなってそのまま帰ってこない。
犬のときは、翌朝起きると眠るようになくなっていたりという感じです。

ですが、オカメインコは違いました。
飼い主である私が顔を見せると近寄ろうとよろよろと歩き、「私元気よ、大丈夫よ」語りかけるようなしぐさをみせます。ぎりぎりまで弱っていることを見せない捕食される側の本能的な行動かもしれませんが、ずっと診て頂いていた獣医さんにはそのようなそぶりは見せないのです。

弱りきった小さい鳥が、最後まで私に愛情と信頼を示す姿は耐えられるものではありませんでした。
いっそ、病気にさせてしまった私を無視し、敬遠し、うらんでくれたほうがどれだけ楽だったかとも思います。
しかし、そんな鳥の悲しいほどのいとしさが多くの人間に愛されるのだと信じています。
LOVE!& PEACE!& BIRDS!

その5
動物に関する武勇伝は
ありますか?

あります!でっかい野良猫と闘いました!名誉の負傷をしました。

この野良猫、庭で放し飼いしてたチャボ軍団を狙っていたんです!
3メーターくらいの椿の木の上から虎視眈々とちゃぼたちを見ていたので、追い払おうと(念のため)軍手をはめて、「アッチいけ!」って手を伸ばしたら、軍手の上から手の甲をガブリと噛まれました。
うん十年経った今でも、牙の跡がくっきり残っております。
噛まれたとき、牙が手の甲にグッサリいったらしく、傷口からはなんと骨がみておりました!
急いで母親に訴えにいくと「消毒して赤チン塗っておけばよい」というので、「えー!!!!」と思いながら言うとおりにしておりましたら、ホント治りました(笑)
笑い話のようですが、噛まれたときはショックでかなり血の気が引いていて貧血で倒れそうだったんですよ!

もちろん、チャボもちゃんと守りました!(自慢)
あと、散歩中のヘビにちょっかい出して噛まれたりね。

その4
いっしょに暮らした
動物は?
ええと、まず犬ね。なんかピレネー犬みたいに白くってでっかい犬とか、土佐犬、ボクサー犬、なぜか土佐犬とレトリーバーのクォーター、ミックスの犬数頭。
次、猫ね、ええとミックスが数知れず(子供も産まれたしね)、
鳥は、紅雀、チャボ(えらいたくさん)、うっこっけい(えらいたくさん)、セキセイインコ、オカメインコ!
んで、うさぎ数羽(うさぎさんのご飯用の野草収集係として下校時は草集めに奔走しておりました) 。
他には、金魚、昆虫などなどで書ききれません。
もう、書いているうちにいろいろ思い出してきて・・・誰か時系列にして!
その3
一番好きな動物の
しぐさは?

じょうずねぇ〜もう、これでキマリよ。鳥さんの「のび〜」のポーズ。

もう、このポーズ大好き!片足&片翼を後ろにぐーんと伸ばすんです。グッドバランス!
ちなみにてんちょー家ではこの「のび〜」を「じようずねぇ〜」と表現しておりました。どうしてかって?だってあまりにも愛オカメが”上手”にのびをするモンですから。←鳥バカ

この「のび〜」は 片方ずつ。両方やるのがモアベターよ。
オカメはゆったりめに「のび〜」。セキセイとか文鳥はすっごい早い!

「のび〜 」フリークの店長の観察では、
・(近所の公園でえさをもらいまくっていて太り気味の)鳩
・(近所の川でラブラブぶりをアピールしているつがいの) カモ
・(なんかテレビで見た人なれしていた) ふくろう、鷹(鷲)、トンビなどもやっていました!

ただ、ペンギンや鶏などあまり飛べない鳥の「のびー〜」は残念ながら見たことがありません。

なんで、誰に教えられたわけでもないのに、みんなそろいも揃っておんなじノビーのポーズをするんでしょ?
あと聞かれてないけど2番目に好きなのは、「猫パンチ」と「うさぎのあくび」 でっす。

その2
キライな動物は?

あります!キライなものというより苦手なもの。それは「毛のない哺乳類」です。
犬や猫で毛のない種類ありますよね?あれダメです・・・。
毛のない哺乳類って、なんちゅうか、あずきの入っていないアズキバー(店長大好物)っていうか、
メープルシッロップのないメープルウォルナッツ(店長大好物)っていうか、
羽のない鳥っていうか(あれ?)・・・。

そのほかの生き物はたいてい大丈夫ですね。
ヘビもトカゲも、ミミズも平気。(でもゴキブリは素手では触れないよ)

その1 
生まれ変わったら
何になりたい?

「すずめ」です。でも「オカメインコ」でもうれしい。
もしてんちょーがオーストラリア人だったら「ばじゃりぃ〜がぁ(budgerigar=セキセイインこ)」 って感じ?

で、何するかって?毎日楽しく遊んで、ときどき電線から人間のアタマめがけてウンチ落とすのだー!
ちなみに私の母に「生まれ変わったら何になりたい?」って聞いたら「海底の小石」だそうです。
そのココロは「誰とも話さず静かに暮らしたい」だって、それってどうよ?

 

   トップページへもどる   

Copyright © 2004-2017 かじかじ大好き! 運営 エクロ